脂肪吸引について

ウエスト

哺乳類の多くは余分な栄養を脂肪として蓄える機能を持っており、人間も同様に余分な栄養を摂ることで脂肪が増えます。脂肪が増えることにより身体の体積が増え、いわゆる太った状態になります。過度に太ることは、見た目にも健康にも悪く脂肪を付け過ぎないことが重要です。 しかし、一度付いた脂肪は減らすことが困難で、特にダイエットを行っても成功せずすぐにリバウンドするといった人や根本的に痩せにくいといった人向けには外科治療が行われる場合があります。その一つが脂肪吸引と呼ばれるもので、皮下脂肪を吸引管で取り除くといったものです。この場合にポイントとなるが、脂肪をいかに溶かして吸い出しやすくするかということで、主に超音波が利用されています。 脂肪吸引を行える美容クリニックは全国に多くあり吸収では福岡県の福岡市を中心にあります。

一方で脂肪吸引は、強制的に脂肪を取り出すためリスクがまったくないとは言えません。そこで近年登場したのが脂肪溶解注射と呼ばれるものです。脂肪溶解注射は、脂肪吸引と同様に脂肪を溶かす効果のある薬を注射するものです。脂肪吸引と異なり、脂肪溶解注射ではその場で脂肪がなくなるわけではありませんが、脂肪が溶けやすい状態になるため、ダイエットや食事療法を行う際に劇的な効果を得ることができます。また脂肪細胞が自然に溶解し身体に吸収および排出されるので身体への負担が小さいメリットもあります。 脂肪溶解注射は、九州では福岡県福岡市の博多や天神の周辺に多くあります。また脂肪溶解注射は、脂肪吸引の美容外科手術よりも安価に治療を受けることができます。